でも嬉しいこと

今日、昨年末にホームページを作らせていただいた
建築デザイナーさんから電話があった。
ホームページを見た方が、仕事の依頼をしてくれたとの
お礼の電話。
デザインが良いとかで、ほめられるより嬉しい。
(ほめられないよりは、ほめられた方がうれしいが・・・)
企業のサイトである限り、そこの仕事の受注につながる
お手伝いができたことが嬉しい。

本質は、お客さんの仕事がきちんとしているから、それが
認められて、受注につながるんだけど・・・
そのお手伝いができた事が重要だと思う。

これからも、いかにお金につながるサイトを作れるか
勉強して行きたい。

とりあえずは、仕事部屋の掃除を終わらせないと・・・。
最後まで読んでくれた方、ここをクリック。
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

空腹時に出前間

結婚前、独り暮らしをしている時・・・若かりし頃。
ピザを出前でとって一人でよく食べていた・・・L盤を。
何かある度に託けて、ピザを頼んでた・・・風邪を引いた時
良く栄養ドリンクを買って飲むと思うけど、
ピザで栄養を補うと言い訳しながら、風邪薬とピザ・・・。
誰か来るとビールにピザ・・・。
レンタルビデオを借りて、ビデオとピザ・・・。
事あるごとにピザを頼んでいた・・・。
ピザが好きだった事もあるけど、近くに宅配・・・出前を
してくれるお店が、他に何があるか解らなかった・・・。
独り暮らしをしていた時、出前を頼んだことがあるのは
記憶にある限り、ピザだけだ・・・。

今とちがって、ケータイもネットも無くて
新聞の広告で入った大手ピザショップの出前を頼んでいた。

今は、インターネットでケータイで検索・・・注文ができる
出前館という便利なサイトもある。

全国規模のデータで、食べ物に限らず、出前という言葉が
関係するものを網羅した情報量のサイト・・・。
独り暮らしの人をはじめ、家族の方も出前は、この出前館
あれば、問題なし。


最後まで読んでくれた方、ここをクリック。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

鯨ブワゴン5話

もう意地です。
このネットTV番組って何話まであるんだろう・・・。
将来的に10話というのは、書いてあったのだけれど、
乗りかかった船・・・鯨か?できるだけ紹介しましょう。
くじラブ・ワゴン第5話です。

第5話はパート1だって、既に6話があるって事かな~探さなきゃ。

南極での捕鯨する捕鯨船の砲手の方の話を聞くのが内容だったけど
最初に出てきた、お店の看板のクジラのオブジェは
何のお店の看板だったのだろう・・・すごく気になる。
砲手の方が職業病で耳が遠くなり、昔の写真として
人間がクジラの口に何人も入って撮った写真・・・
全長30m程度ある、大型のクジラ・・・。
個人的にこの頃、日本はクジラとの付き合い方を誤ったのでは
と思う。
それまで、必要最小限の捕鯨・・・それはクジラと文化との
共存を維持していた。それが、南極まで行っての乱獲・・・
それがクジラの絶対数の減少を招いたのでは・・・。
あの砲手の方が、クジラとの付き合いが変わったという番組の最後の
メッセージ。
・・・たぶん、保護の方に向いていったのだと予想は付くが
第6話が非常に、楽しみになる・・・。


※BloMotion・キャンペーン参加記事
最後まで読んでくれた方、ここをクリック。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

鯨ブワゴン4話

半分、義務感?で第4話目突入。
TV番組「くじラブ・ワゴン」はいったいどこへ行き着くのか・・・?

四国で取材・・・数年前にクジラが座礁(クジラも座礁っていうの?)
そのクジラを街の人たちが集まって助け出した・・・。
出演の外国人・・・名前は、イヴァン。彼は、救助した人に
食べる気にはならなかったのか聞いていた・・・。
当然、食べる気は無かったと街の人は答える。
その答えに対して、イヴァンは、こんなきれいな風景の中で
クジラを食べるという事など、思いもしないだろうと
感想をのべていた・・・。
本当にそうだろうか・・・日本人の生き物に対しての考え方・・・
染み込んだ文化を理解しているのか・・・個人的に思うに
クジラを助けたのは、日本人古来からのヤオロズの神。
特別な生き物を敬う意識からきたものではないだろうか・・・?
その辺の日本文化の根底に流れる意識の上に、大げさに言えば
捕鯨もあるのではないか?
そこまで、イヴァンが理解してくれて、文化とクジラの保護の
おとしどころを探って欲しい・・・。


※BloMotion・キャンペーン参加記事
最後まで読んでくれた方、ここをクリック。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

鯨ブワゴン3話

TV番組「くじラブ・ワゴン」の第3話を引き続き見た。

捕鯨の漁村でクジラ料理を、おばあちゃんの手料理でご馳走になる
そんな内容だ。
私がクジラ料理で食べたことがあるのは、クジラの竜田揚げ?を
給食で小学生の時に、大人になってスーパーに缶詰があるのを
見つけて食べた・・・味つきだったがあの缶詰は何だったのだろう。
番組の中では、竜田揚げとしぐれなんとか・・・を外国の方が
不思議そうに食べていた・・・私の知る限り、あのクジラの肉の味って
西洋の料理には無いと思う。
外国の方には異質だったのでは・・・。
・・・料理の部分は、確かに文化の一部だが、私は、日本人と
クジラのかかわりの文化の中では、それほど重要な部分では
無いと思う。
その後の鯨塚の部分。。。獲って食べて利用した鯨に対して
うやまい塚にまつるという行為、その部分が日本人の残さないと
いけない文化であり・・・渋谷の若者達と違うと番組で出てたが
当然である。
1話に出ていた若者は、鯨を食べたことも無いだろうし、
鯨の部位が何に使われているかも知らないだろう・・・。
第4話は、四国とか・・・探さなきゃ・・・。


※BloMotion・キャンペーン参加記事
最後まで読んでくれた方、ここをクリック。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |
| ホーム |

プロフィール

onosenet

Author:onosenet
19XX年8月7日生。
茨城の田舎在住。
仕事/HP制作&運営。
趣味/あ~と・サッカー観戦。
ONOSE●NET

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

月別掲載件数

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!