蒸気機関車C62

日本で最後に作られた蒸気機関車がC62型である・・・。
鉄道模型は、正直、お金がかかるので控えているのだが、本当は将来、
自宅の一部屋を線路を走らせたいと考えている・・・。
特に蒸気機関車は、たまらない・・・。

子供の頃、銀河鉄道999という漫画、アニメが流行り、一時、
鉄道模型のブームが起きたことがある・・・。自分の場合は、
小学校の時に読んだ「ロコが行く(たぶん)」がきっかけになった。
蒸気機関車の蒸気が人の息遣いと同じようで、少年が蒸気機関車に
あこがれるような話だったと思うのだが、内容は既に忘れてしまった。
鉄道模型を変えない自分は、雑誌などで、色々情報を集めていた。
C型は、動輪が片側3本で、基本的に人を運ぶための蒸気機関車で
D型・・・D51(デゴイチ)が有名・・・は、動輪が片側4本の
貨物専用の蒸気機関車である。
C型は62が最終モデルなのだが、実は、C63型が設計されていた。
しかし、電化の波に負けて、C62型が48機、製造された時点で
製造が終了してしまった・・・。

C62型は、銀河鉄道999でも使用された為、蒸気機関車を
リアルタイムで知らない人にも知られている機種といえる。

子供の頃、C63型の設計図が雑誌に載ったとき、実際に模型を
作りたいと思ったものだった・・・断念したけど・・・
あの設計図も無くなり、鉄道模型を買って走らせて楽しむしかないかと
思っていたのだが、今度、クラフトマガジンでC62型を作成する
シリーズが発売される・・・。
どの様に石炭がつまれ運転席に移動して、運転手がボイラーに
投げ込むことによって、蒸気が発生して、ピストンを動かし
そのピストンの力を動輪に伝え、蒸気機関車が走り出す・・・
模型を作ることで、その仕組みが詳しく解ることだろう・・・。
一度、蒸気にした水蒸気をもう一度、ボイラーを通して、さらに
蒸気圧をあげるなど、詳細に渡り、蒸気で走るための知恵が
盛り込まれたC62型を体感できること間違いない。

蒸気機関車をリアルタイムで体感している人も、映像や模型でしか
体感したことが無い人も、蒸気機関車の本質を体感できること
間違いなし。



最後まで読んでくれた方、ここをクリック。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

onosenet

Author:onosenet
19XX年8月7日生。
茨城の田舎在住。
仕事/HP制作&運営。
趣味/あ~と・サッカー観戦。
ONOSE●NET

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

月別掲載件数

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!