東京タワー

本から、2時間ドラマ、連続ドラマと涙を誘い。
やっと映画が公開になります。

東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~」が4月14日に公開になります。

やっと・・・と言うのが正直な感想・・・よく言えば、待ってました!!
2時間ドラマは、大泉洋でそれなりに泣けた。
連続ドラマは、キャスティングで撃沈って感じ・・・。
その分、映画に期待が大きかったから、「頼むよ」って気持ち。

この話を見て(陳謝、まだ本は読んでない)、自分と母親のことを
ボクとオカンとの関係と比較する・・・。
決して金銭的に裕福な家庭ではなかった自分の実家。
でも精神的には非常に裕福な家庭だったと思う・・・
父親は、戦前生まれで、頑固で絶対の存在だった。
子供の頃から苦労したこともあり、
多少、頑固さに偏りがあった気がする・・・今は丸くなった。
そんな父親と躾に厳しく、少々、対面を気にしすぎる母親。
子供の頃、神童とまでは行かないが、出来る子だった兄貴。
ただのやんちゃ坊主の自分・・・

家族旅行の記憶や、運動会、参観日に親が来た記憶は無い。
食べるために必死だった両親を見てきた。
東京タワーを見てると、母親の子への愛情。
そして子が親を思う愛情をひしひしと感じる。
うらやましい。
自分は、母親に愛情を注がれ、今がある。本心で感謝している。
特にやんちゃだった自分は、母親を困らせた・・・。
今、思うと生活をするために時間を割かれ。
残った本の少しの時間を、
兄貴と自分への愛情の時間にしてくれる中
自分だけを見て欲しいという甘えからのやんちゃだった・・・
自分だけを見て欲しかったのだ・・・。

最近、涙腺が弱くなった・・・。
ドラマの最終回を見ながら、原作者のリリーさんのオカンが
逝った時のリリーさんの年齢を考えると
自分の今の年齢とだいたい同じだと思った・・・
(モコミチはミスキャスト、若すぎる)

今の自分は、母親・・・両親に親孝行をしただろうか・・・

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

onosenet

Author:onosenet
19XX年8月7日生。
茨城の田舎在住。
仕事/HP制作&運営。
趣味/あ~と・サッカー観戦。
ONOSE●NET

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

月別掲載件数

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!