いばらき美術風土記

震災前に当選していた美術展が、期間が延びていたので
チビが無料になる土曜日に、行って来ました。

110521_134309.jpg
  県民文化センターと共有の駐車場から・・・
  スロープが出来て車椅子の方にも横断歩道が渡りやすくなってました。
110521_134356.jpg
  庭園(?)の水が無かったのですが、震災の影響でしょうか・・・?

震災後の茨城新聞で、茨城県立近代美術館も被災していることは
知っていたので、どの程度、復旧しているかも知りたくて
夏模様の中、ちょっと観て来ました。

110521_134441.jpg
  表向きは、震災の被害は感じませんでした。

茨城に縁のなる作家や茨城の風景を描いた作品が・・・見た事のある
風景もあったり・・・「昔は、あそこはこんな風景だったんだ・・・」なんて
感じの作品もあり、茨城の人間には、作品を楽しむ以外に、別の
楽しみ方も出来ると思います。

5月21日現在、1階と2階のトイレは、使用できませんでした・・・震災の
影響だそうです。
地下のトイレは、利用できるそうなので、どうしてもという方は、そちらを
利用すると良いです。

のんびり閲覧してきたかったのですが、夕方、用事があったので、
1時間30分程度で、茨城県立近代美術館を後にしました。
正面玄関(?)を出て、木立の向こうに見える水戸市街地の情景は、
震災があったとは思えないほど、以前の状態に戻ってきています。

110521_145143.jpg

街をあるけば、ブルーシートで覆われた屋根や、倒壊して低くなった塀、
工事中の建物、道路の凹凸などの震災の影響は、目に入ってくるけれど
驚くほどのスピードで、回復に向かっている事を肌で感じる・・・。
問題なのは、原発の収束がいつになるかという事だろう・・・。

安全だと云い続けて・・・今も云っている専門家がいるが、人間が行う事に
100%なんて無い・・・これは断言できる。
・・・システムで管理しているというが、そのシステムは人間が作っていて
現にシステムの影響で、電車が止まったり、銀行のATMが機能しなかったりと
システムエラーは起きている・・・。
JCOの事故の時、被曝された方を治療に当たった医療団は、医療の限界を
感じたと、後のドキュメンタリーで話をしていた。
何かあったときに、SFではないが、放射能除去装置(コスモクリーナーか?)が
あって、元に戻せるのなら、原子力の実用も賛成できるだろう・・・。
莫大な放射線を浴びても、元の状態で全く問題なく、日常の生活ができる
防護服でもあるのなら、原子力の実用も賛成できるだろう・・・。

自然豊かな茨城の風景に原子力発電所は、似合わないと、「いばらき美術
風土記」を見て痛感した・・・。
子供達が、この先、この作品群を見る機会があって、その時の景色と
作品の中の景色が、繋がるように自然は、残していって欲しいと思う。
それは、立ち入り禁止区域になったから、自然が残ったのではなく・・・。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

onosenet

Author:onosenet
19XX年8月7日生。
茨城の田舎在住。
仕事/HP制作&運営。
趣味/あ~と・サッカー観戦。
ONOSE●NET

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

月別掲載件数

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!