スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

告別式

人生の中で、1番暑い日だったのではないだろうか?

告別式の準備は、基本、兄貴が行った・・・御袋は、端から見ても
何かできる状況ではないというのが解った。
自分と相方は、裏方に徹して、雑用をこなしていく・・・。
親父方の親戚は、頼れない・・・頼りたくない事情が実家にはある。

自分も幼かったが、今でも鮮明に当時のことは覚えている。
あの親父と御袋の受けた仕打ちを考えると、告別式にも
呼びたくないという思いもある。

ただ、親父の兄弟である。
色々、首を突っ込みたかったようだったが、兄貴が首を縦にふらず
最低限の関係で留めた。

親父と御袋が大変だった当時、特に世話になった親戚は、御袋の
実家や兄弟だった・・・特にお袋の直ぐ上の姉に当たる叔母夫婦は
兄貴と自分を自分の子供のように目をかけてくれた・・・。
その叔母も4月の下旬に逝ってしまった。
何も恩を返せないままだった・・・。

そして親父の告別式。
喪服の中は、汗でビッショリだった・・・。


29歳の時、一緒に絵で飯を食うのを目指した友人が事故で逝った。
31歳の時、幼なじみの一人で、高校時代、美術部の友人が
病気で逝った。
一昨年、ひとつ年下だが、一緒に絵を描き、グループ展を開き、
29歳の時に逝った友人の作品を気にしていた友人が病気で逝った。

・・・3人とも中学・高校と一緒で、高校は美術部の仲間だった。
同じ中学を卒業して、同じ時期に美術部で活躍した友人がいなくなった。
彼らとの約束は、何も実現できていない。

今年、3月に大震災があり、音信不通になっている友人や知人の
安否が気になっていた。
何もできない自分に無力感を感じていた・・・心が痛い。


そして、4月にお世話になった叔母が逝き、19日に親父が逝った。
感謝をどうやったら表せるか解らないほどの人が逝ってしまう。
何もできない自分を残して・・・。


自分は親戚・従兄弟の中でも、一番下にあたる。
甥っ子、姪っ子はさて置き、順番から言えば、自分がみんなを
見送る立場になる・・・辛い。
せめて友達や相方には、自分を見送って欲しい。
心の痛いのは、耐えられない。

親父に言ったら、怒られるだろうけど・・・。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

onosenet

Author:onosenet
19XX年8月7日生。
茨城の田舎在住。
仕事/HP制作&運営。
趣味/あ~と・サッカー観戦。
ONOSE●NET

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

月別掲載件数

カシマ情報

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

関連バナー



ブログでブームはブロモーション

みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ

最後まで読んでくれた方、ここをクリック。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ にほんブログ村 ネットブログ ネットサービスへ

あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。